ペインクリニック

  • HOME
  • ペインクリニック

ペインクリニックとは

ペインクリニックとは

ペインクリニックとは、「痛み」を扱う診療科目です。

痛みは本来、危険信号の役割を果たしてくれるものです。

鋭いものや熱いものに触れれば素早く身体を遠ざけるために痛みが発生しますし、身体のどこかが病気であれば痛みがそれを教えてくれます。

しかし、痛みが続いていてはQOL(生活の質)の低下につながります。

当院では、全身のあらゆる部位の痛みに対してさまざまな方法でアプローチを行い、痛みを少しでも緩和する治療を行っております。痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

ペインビジョンを導入

身体のどこかが痛くても、それを正確に医師に伝えることはなかなか難しいものです。
そのため、当院では痛みを定量的に測定するために「ペインビジョン」という機器を導入いたしました。
これにより、痛みを数値で表して客観的に評価することができますので、痛みの程度をうまく伝えられるか心配な方も、どうぞ安心してご受診ください。
労災などの裁判でも、ペインビジョンのデータが参考資料として使用されています。

対応可能な疾患について

こんなお悩みありませんか

以下のような症状でお困りの方は、お早めに当院までご相談ください。

  • 頭痛
  • 首・肩の痛み
  • 痛みで長く歩けない
  • 肩こり
  • 肩が動かない
  • 足の冷え
  • 目の奥の痛み
  • 手の痛み・しびれ
  • 多汗症
  • 顔の痛み
  • 背中の痛み
  • 帯状疱疹の痛み
  • 顔の麻痺
  • 腰の痛み
  • がんの痛み
  • 顔・目の痙攣
  • 胸の痛み
  • 手術・けがの後の痛み
  • 舌の痛み
  • 足の痛み・しびれ
など

こんな病気が考えられます

こんな病気が考えられます
  • 片頭痛
  • 三叉神経痛
  • 帯状疱疹
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 五十肩
  • 腰部脊柱管症候群
  • 坐骨神経痛
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 閉塞性動脈硬化症
  • バージャー病
  • 幻肢痛
  • カウザルギー
  • 術後の傷の痛み
  • 顔面神経麻痺
  • 顔面痙攣
  • 突発性難聴
  • 網膜中心動脈閉塞症
など

当院での治療法

神経ブロック

末梢神経やその近くに麻酔を打って神経機能を停止させ、痛みを緩和するものです。
首や顔面など首から上の痛みやしびれには星状神経節ブロックを、坐骨や胸、お腹の痛みには硬膜外ブロックを使用します。

理学療法

腰痛や肩こり・肩痛、神経痛などがある場合に、治療器具を使用して痛みをやわらげるものです。
スーパーライザーやキセノン、エピオーネなどを痛みの原因や部位によって使い分けています。

心理療法

ストレスがあると痛みを強く感じるなど、痛みは精神状態と密接な関係があります。
医師や看護師が患者さんのお話をお伺いします。ストレスや不安を解消して、少しでもすっきりした気分で患者さんにお帰りいただけるようにつとめております。

漢方薬の処方

個々の患者さんの体質や症状の程度に合わせて、漢方薬の処方を行っております。
漢方薬をご希望の方はお気軽にご相談ください。

ボトックス治療

ボトックス治療とは、ボツリヌス毒素を少量注射することによって、筋肉の異常収縮をおさえるものです。
顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頚、腋窩多汗症、痙縮(脳出血や脳梗塞の後遺症による手足の硬直)、斜視については、ボトックス注射が保険診療で受けられるようになっていますので、これらの症状でお困りの方は一度ご相談ください。

頭痛外来について

当院を受診される患者さんの中には頭痛を訴えて来られる方が多かったため、院長が頭痛の専門医を取得いたしました。

「頭痛がつらい」「頭痛で仕事や家事、勉強に支障が出ている」といったお悩みをお持ちの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

院長から患者さんへのメッセージ

日本人は、「痛いのを我慢するのが美徳である」と考えがちな傾向があるせいか、痛みがあっても限界まで我慢される方が多くいらっしゃいます。

しかし、痛いのを我慢していてはQOL(生活の質)が低下するばかりです。

当院では「痛みが続いているのなら、早めに治療をして少しでも楽になったほうが良い」と考えております。

痛みでお悩みの方は我慢せず、当院までお気軽にご相談ください。

どうすれば痛みをやわらげることができるのか、どうすればもっと楽に生活を送ることができるのか、医師や看護師とともに考えていきましょう。

お気軽にご相談ください

相鉄線「鶴ヶ峰」駅より徒歩5分
駐車場5台完備しておりますので、
お車でのご来院も可能です。

pagetop