横浜市旭区鶴ヶ峰の内科・泌尿器科・ペインクリニック

たいクリニック
〒241-0022 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-5-2
 
HOME
医師紹介
ペインクリニック
内科・創傷治癒
泌尿器科
各種検査・予防接種
関係リンク
地域活動
Q&A
交通案内

スマフォサイト
下記のQRコードからサイトにアクセスできます。
スマフォサイトQRコード

診療時間:AM9:00〜12:30  PM2:45〜6:15

クリニック案内
たいクリニック
たいクリニック地図
〒241-0022
神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰
2-5-2
TEL:045-350-7770

相鉄線 鶴ヶ峰駅
 徒歩5分
駐車場あり(5台)

詳細はこちら

診療案内
ペインクリニック
神経ブロック
漢方薬
リハビリテーション
内科
泌尿器科
創傷治癒
健康診断
予防接種
がん検診

各種検査
血液検査
一般尿検査
尿流量測定検査
細菌培養検査
細胞診検査
精液検査
PSA
頸動脈エコー
腹部エコー
関節エコー
心電図
ホルター心電図
レントゲン撮影
睡眠時無呼吸簡易検査
呼吸機能検査
動脈硬化検査
骨密度測定検査
検便
アミノインデックス


初診受付はこちら

 
Q&A
 

Q&A

Q ペインクリニックはなぜ麻酔科なの?
A 麻酔科の医師は、一般的には手術の際に登場するイメージがあるかと思います。
麻酔科医がそこで何をしているかというと、"痛み"のコントロールをしております。
痛みのコントロールとは、お一人おひとりの痛みに対し、強すぎず弱すぎず、
最適な処置(麻酔)を行うということです。
ペインクリニックが麻酔科の医師によって行われているのは、痛みに関する幅広い
知識と、それを解決する実際のテクニックを持ち、かつ痛みへの処置で万一トラブル
が発生しても、その対応が出来るプロであるからです。
 
 
Q ペインクリニックはどんな病気、症状に効きますか?
A  1.ギックリ腰 腰痛 殿部痛 肛門痛
 2.足が痺れる 足が冷たい
 3.長い距離を歩けなくなった
 4.頚部痛 肩こり 寝違え 肩の痛み 頚腕症候群
 5.頭痛 片頭痛 緊張性頭痛 三叉神経痛 群発性頭痛
 6.顔面の痛み 抜歯後の痛み
 7.帯状疱疹痛 帯状疱疹後神経痛
 8.顔面神経麻痺 顔面痙攣
 9.手術後の痛み 胸 おなかの手術後の痛み
10.電気が走るような痛み 刺すような痛み
11.多汗症 自律神経失調症
12.脳出血後の全身の痛み
13.交通事故後のムチウチ症 全身の痛み
 
 
Q 痛み治療に神経ブロックはなぜ有効なのですか?
A 神経ブロックに使用する薬による鎮痛効果もありますが、神経ブロックにより、
血液のめぐりが良くなると、いたみの原因物質を洗い流し、減少させることために
神経ブロックが有効である理由です。
 
 
Q 病院へいったらすぐ神経ブロックをされるのですか?
A 麻酔科の医師は、一般的には手術の際に登場するイメージがあるかと思います。
お薬だけで済むことも多いです。注射、神経ブロックに抵抗がある患者さまには
いたしませんので安心してご来院ください。
 
 
Q 神経ブロックは短時間しか効果がないのでは?
A 麻酔科の医師は、一般的には手術の際に登場するイメージがあるかと思います。
血のめぐりが良くなり、いたみの原因物質が減少することでお薬の作用時間より
ずっと長い鎮痛効果が出ます。患者様によっては一回の神経ブロックで痛みが
なくなる方もいます。
 
 
Q 神経ブロックは何回もするものではないと聞きますが?
A 麻酔科の医師は、一般的には手術の際に登場するイメージがあるかと思います。
症状によります。星状神経節ブロックは毎日のブロックで症状改善につながる
こともありますし。入院して持続的にお薬を注入することで持続硬膜外ブロック
治療もあります。
 
 
Q 神経ブロックでは骨が弱くなると聞きますが?
A 誤解です。神経ブロックに使用するお薬が、骨を弱くすることはありません。
ステロイドという薬は注意が必要ですが、いつも使用する薬ではありませんし、
使用間隔を守ることで、副作用が出ないように治療することが可能です。
 
 
Q なぜ神経ブロックは内服薬よりも副作用が少ないのですか?
A 飲む薬は、全身にまわることで、痛みの場所以外にも回ってしまいますが、
神経ブロックは、傷みの原因の場所に向けてピンポイントで治療をしますので
余計な場所に薬をまわすことがありません。使用するお薬の量も数CCです。
 
 
Q 神経ブロックとは?
A 局所麻酔薬を神経の近くに注入することで、一時的に痛みを取り去るだけでなく、
血行を良くして組織の回復を促し、大脳の痛みの記憶を消し去り慢性の痛みを
改善できます。
 
 
Q 飲み薬
A 麻酔科の医師は、一般的には手術の際に登場するイメージがあるかと思います。
痛みを軽減します。
 
 
Q 漢方薬
A 保険の範囲内でいわゆるエキス剤とよばれる(煮出したりする必要がありません)
薬剤を体調に合わせてオーダーメードで処方いたします。
 
 
Q リハビリテーション
A 運動の指導のほかに、機械を使って運動機能を回復させることで痛みを軽減します。
 
 
Q カウンセリング
A 痛みの治療に長く関わってきた専門の医師、看護師がゆっくりとお話を伺います。
 
 
Q 健康保険は使用できますか?
A 基本的には健康保険の範囲内で治療を行っています。
 
 
Q 予約制ですか?
A 初診は予約はありません。
2回目からは予約でお待たせいたしません。
 
 
横浜市旭区鶴ヶ峰の内科・泌尿器科・ペインクリニック

たいクリニックでは『痛み』と『おしっこ』に関する専門的な医療はもちろん、頼れる『かかりつけ医』として患者様ひとりひとりを大切にした内科・泌尿器科・ペインクリニックを目指しております。

Copyright(C)2013 Tai Clinic. All Rights Reserved.